ホットヨガの元祖 ビクラムヨガ

消化器官への効果

世界で数百万人が実践するヨガ『ビクラムヨガ』を受講された皆様のありのままの声をご紹介いたします。
ビクラムヨガがもたらす様々な効果をご覧ください。

拒食症と過食症

現在、アメリカは肥満恐怖症社会です。そして幼い頃から、女の子は痩せているほうが良いと教えられているのです。 有名な作家であり演劇評論家のドロシー・パーカーはかつて、今日でもまだ有名なキャッチフレーズとして、「どんな女性もお金持ちすぎる、あるいは痩せすぎる、なんてことはない」と言いました。

多くの人々が醜さと失敗に、脂肪を関連づけます。 広告では、しばしば年齢と身長から想像される体重(米国精神医学会のDSM-IV (Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 4th edition)に従った拒食症のための評価基準)より下15%以上である、標準より細いモデルを特集します。

不健康に痩せているよう求める社会的圧力は、拒食症と過食症の根本原因です。通常、これらの異状は、自己不満から始まります。
標準体重の多くの健康な子供は、彼らの体重を心配していて、太りすぎになってしまうことを恐れています。 思春期に入っていない少女で、拒食症の兆候を示している人の数は増加してきています。 あるリサーチでは、小学校3~6年生の45%の人は、もっと痩せたいと言いました。 そのうちの40%の人は、痩せようと努力しました。
そして彼らの7%の人は、予想される摂食障害と測定されるか、「食の実態」テストで高いリスクの評点となります。

21歳のときに、私は拒食症と過食症と診断されました。 しかし、私は8年間以上この病気を隠し続けていました。 21歳のときに、私はカリフォルニアで最初の摂食障害病院の1つに入院しました。 医師はその時、成功率を全く私に約束しませんでした。 その病院の少女の多くが心臓発作か、飢餓で、この入院期間中、もしくはその後の人生で亡くなるのです。 そして、その中に私がいました。 私は21歳時の60ポンドから約90ポンドまで回復しました。

その後も病気は、最近まで私を苦しめ続けていました。 私が「途方もない」110ポンドであった過去1年間、私はツーソンのBonnie Kと共にビクラムヨガのホットヨガのクラスに通いました。 私は、ヨガは摂食障害をもつ人々に、ポジティブな影響を与えることできると、と耳にしました。 私は、ずっと昔に始めていればと思いましたが、たぶん準備は出来てはいなかったのでしょう。

初めてのクラスでは、鏡で自分を見つめるのは、非常に難しかったです--危機に瀕しているホディー・イメージ。 しかし、私は健康な道を辛抱強く続けるために、さらに自分を愛し許すことで、私のビクラムヨガインストラクターの優しくて頑なな導きを聞くようになりました。
まだ何日も難しい瞬間を過していますが、私は二度と自分自身を傷つけるところへは行きません。 どのようにそれが可能となるのか?  
私は、コントロールの気持ちを経験して、次に呼吸します。私はこれによって恩恵を受けています。 私の人生は私の愛する人と共に美しく花開きました。 私は、いつも現世の規格で非常にうまくいっていますが、体形、幸福の香気などの健康面でうまくいったというわけではありません。

ありがとうございます、ビクラム、ありがとうございます、ボニー。

特別の改善:
数週間以内に、私は、体脂肪と体重を低く保つために、異なった身体の音色に気付きました。 私はすぐに、メンタルの改善が見られました。 私は、全体とのバランスを感じ始めていて、そして--私の考えは、より明確になりました。

  • 体重増量と維持
  • 調子の整ったボディー
  • それほど妄想的でなく
  • 人々の相互作用の向上
  • 自分の人生を自ら導いていくこと
  • 飢えと除くことの終結


低血糖症

低血糖性反応は、異常に低いレベルの血液中ブドウ糖値のことをいいます。

ビクラムヨガを愛してください。
ビクラムヨガは、私の長期慢性の低血糖症の5つの習慣を治しました。 ビクラムヨガは私の過剰値をかなり減少させたのです。

カレン・ウィリアムズ

世界から届いた実感の声 トップページへ