ホットヨガの元祖 ビクラムヨガ

女性の病気への効果

世界で数百万人が実践するヨガ『ビクラムヨガ』を受講された皆様のありのままの声をご紹介いたします。
ビクラムヨガがもたらす様々な効果をご覧ください。

胸のしこり

私の左胸の上にしこりがある状態で、私は2001年10月にteacher trainingに参加しました。2年間、胸部X腺写真によって観察されました。それは卵と同じくらいの大きさでした。Teacher training以前、ホットルームでヨガをしたことはありませんでした。 約2年間、ヘルスクラブにて他のヨガスタイルを教えていました。1976年に出版された彼の本から、ビクラムヨガはなじみ深かったです。

私は毎日、2カ月間、私のアパートで26のポーズをしました。それは私の人生を変えて、私は鞭打ちから回復していたのです。

23歳の時、私が全くできないポーズがたくさんあり、バウプリングは不可能でした。16歳からの運転、喫煙など、私は狂っていました!それから今の新しい人生に感謝です。私は今、パトリス・バルとともにラスベガスで教えています。しこりはもう消えてしまいました、ハレルヤ。

医師は、もしその痛みが耐えがたいのなら、液体でいっぱいになったしこり(塊)を吸引できると言いました。
彼らはマンモグラフィーで観察しつづけるでしょう、そして私は、コーヒーを飲むのを止めて、毎日ビタミンEを2つ取るべきです。

トレーニングの間、バッタのポーズをするのが非常に苦痛でしたが、私はこの厳しい訓練が、ほとんどどんなものも癒していくのだと確信していました。


(子宮)頚がん

子宮頸癌は頚のセルにおける深刻な異常変化によって引き起こされます。
この領域のセルを自然に変化させているので、ほとんどの前癌か癌のセルの変化が、移行する領域内で頚が引き起こされます。変化のこの過程によって、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の高リスクタイプに感染していると、頚のセルは異常になります。
頚のセル変化の最も一般的な原因はHPVへの感染です。 HPV感染症の高リスクタイプは、HPV感染症を伴う女性が更なる処理を必要とするかもしれない異常な頚のセル変化を開発するという可能性を高めます。

ジョディー・ロバートソン ブルックベール、ニューサウスウェールズ(オーストラリア)

9年前、ビクラムヨガの初めてのクラスへ、タオルと水を手に、階段を上がっていました。
緊張して、興奮しながら、フロントへ向かいます。先生がヨガルームへの道を指さし、入っていきました。
タオルを置き、私には場違いで快適とは程遠いと感じていました。そこの人々はストレッチしてウォームアップしていたので、私も同じようにしようと決めました。私は膝腱を伸ばすため床にすわり、その瞬間、私の身体は健康でしたが、ストレスと酷使をされて、つらい状態であると分かりました。

クラスが始まり、先生は「あなたの考えを動かしそれらを遠くへやってください」と言います。それは、私の人生で自分が精神を持ち、黙っていないことを意識した初めてのことでした。
私の頭の小さい声が言っていました。「ここは匂うわ・・・となりの人が呼吸をそんなに深くするのを止めてくれたら・・・水が必要だわ・・・いったいいつ終わるのかしら??? こんなの出来っこない・・・痛いっ! 冗談でしょ・・・私、PCの電源オフにしたかしら??? これは夢を見ているのよ・・・ディナーはどうする???」などなど。
その初めてのクラスから、私の人生は変わりました。その声はまだそこにいますが、数年間、私は私をコントロールするというよりむしろ、それらをコントロールする術を身につけました。

19歳のとき、頚の上に異常細胞があると診断されて、頻繁に治療を受けていましたが、私は代替えの答えを出すと決めました。私の自然治療医はヨガについて提案しました。私が実際に、深呼吸をしたのは初めてのことでした。身体は自由になり、心は静まりました。そしてビクラムヨガを始めて3カ月以内に、どんな異常細胞も完全になくなっていたのです。

私のビクラムヨガの発見は、肉体的に、精神的に、感情的、そして霊的に健康であることの重要性を私に示してくれました。それは非常に大きなインパクトを私の人生にもたらし、それを共有して、他の人々にも教えたいと思ったのです。それはビクラムヨガの旅に続く、私のインスピレーションでした。私はビクラムヨガスタジオをオープンする、最初のオーストラリア人でした。そして現在、シドニーの北ビーチに位置する、最も大きく、長く運営しているスタジオとなっています。私は8年間教えており、コースへの私のコミットメントと貢献は、私の情熱、熱意、および知識を通してはっきりと分かります。

自己啓発、健康、良好である他の人々のサポートツールとして、私の直感と心を使います。
この驚くべきシステムの恩恵を広げることが好きなのです。
私にとってのこの美のプロセスは、私の生徒は私の先生でもあるということです。

(編集ノート: ジョディ・ロバートソンの北シドニーにあるブルックベール ビクラムヨガスタジオがオープンしてから、15以上のスタジオが運営中で、この秋に3スタジオが予定されています。ビクラムヨガのオーストラリア人女家長である彼女はまた、The Australia Continental Regionals of the International Yoga Asana Championshipsのプロデューサーでもあります。彼女にメールも出来ます: info@bikramaustralia.com.au)


月経のけいれん

ビクラムヨガを取ることを裏付けできます。私は最もひどい月経周期とけいれんを持っていました。1-10のレベルのうち、私のけいれんは10でした。けいれんの痛みで床を這いつくばり、かがみ、泣き、私が13歳になって以来、けいれんは月を追うごとに悪くなる一方だったので、早い段階から子宮内膜症(凝血)への対処が必要でした。現在私は35歳です。

毎月の出血からタンポンとパッドを身につけます。 毎月苦しんで、私がする必要があることに関して神に祈っていました。かなり長い間苦しんでいて、彼は誠意を持ってビクラムヨガを私に示したのです。コレステロール値は225あり、40ポンドの体重過多でした。
ジムはただ私にはあっていませんでした。気づけば全身を扱うのにとても多くのマシンを使用しなければならなかったので、行くたびにフラストレーションがたまっていました。

一度ビクラムホットヨガを試した私は、夢中になりました。コレステロール値は薬なしで202に下がり、体重は10ポンド痩せたのです。洞の感染は減少し、月経サイクルは5日にかわって3日です。胃は、サイクルの間、サイクル以前と比べてむくんでいません。月経周期の間、ビクラムヨガを練習することは、私のとって最も良いことです。それは時に荒いのですが、絶えずけいれん時にタイレノールを取る必要のない恩恵は、素晴らしいことです。ここ4週間で、私のスケジュールと姉妹の結婚式のため、ヨガクラスを取っていませんでした。その時私の身体がひどい状態だと感じました。ほぼ病気ではないかと感じ、そしてヨガは私の人生を変えるのだと分かったのです。食欲も変化しました。以前より多くは食べません。そしてなにより、何を食べるかをより意識しているのです。

アフリカ系アメリカ人の女性として、初めは疑い深かったです。しかし今、私はコミュニティにビクラムヨガを始めてもらいたいです。なぜなら自分自身に利益を見出しているから。私たち自身のコミュニティがどのようにヨガが苦痛から助けてくれるか、多くのアライメントを見てきました。いつか公認されたインストラクターになり、私たちみんなの健康状態をヨガが変えられるので、コミュニティで教え始めたいです。
他のジムへ行くことはおそらくないでしょう。他のエクササイズテープを買うつもりはありませんし、他のエアロビッククラスへ行くこともないでしょう。一週間に3回のヨガをとるだけです。そして上記の変化が起こりました。自分にこう言い聞かせていました。整えるために、残りの人生において避けられる薬は飲まないようにする、悪いサイクルの月はもう来ない、と。

私を誤解しないでください--ビクラムヨガはハードです! 時には、いつもそれが好きというわけではないので、ヨガクラスに私自身を強制的に行かせなければなりません。それが絶えず素晴らしいと言う人々のひとりでは、私はありません。ときには、それに耐えることが出来ません。もう戻ってきたくない、と思うことすらあります。しかし私の身体が変化し、お腹がぺったんこになり、サイクルがより良くなるのが分かるとき、私は行って、行って、行くのです。


月経の周期

さて、この練習は、治療危機、胆嚢とColen問題の後に私に来ました。
長い浄化の過程で、非加工食にし、自然療法医によって処方された酵素を加えて、長年で初めて適切に消化することができるようになり、40ポンド痩せました。これらの出来事をフォローするビクラムヨガを始めて、よく言われるように脂肪に纏われた私の器官をキープする原因を見つけました。人生の新しい道でのより明確な姿勢とともに、より強く、より弾力を感じさせてくれます。

このヨガに、本当に感謝しています。そしてそれは人生に不可欠な部分となりました。

それは毎日向上して、私の食事とライフスタイルにおける安定性を見つけるのを助けてくれました。ビクラムヨガは、確実に私の月経周期のバランスを保っています。非常に短い期間・・・私のサイクルは5,6日だった代わりに3,4日間に過ぎません。


月経前症候群

月経前症候群、またはPMS(しばしばジョークでMen SyndromeのPOと呼ばれる)が、月経に先行する、すぐに数日後に妊娠可能な年齢の女性によって経験された、様々な兆候のいずれでもあります。 それは20代と30年代の女性で最も多いです。 月経のある約70~90%の女性は、周期的ベースでPMSを持っていると言われています。 シンドロームに関連する150以上の兆候があり、行動変化、衝動的な食、不機嫌さ、短気、疲労、体液維持、乳房圧痛、そして頭痛を含んでいます。 少数の女性には、穏やかな兆候があります。 他の人々は、仕事か家庭生活を妨げる兆候があります。
いくつかが完全に無力化にされるこの状態を、Premenstrual dysphoric disorderと呼んでいます。
女性によって兆候は異なります。そして、診断を難しくする場合、月によって各々の女性たちの兆候は異なるかもしれません。

正確な原因はいまだ未知となっています。ホルモンの失調、栄養不足、および神経伝達物質(セロトニンとノルエピネフリン)の変動は研究されています。 子宮摘出を経験したPMS患者は、兆候があり続けるかもしれませんが、すべての患者の兆候は、更年期で見えなくなります。 PMSの療法というものは、全くありません。
何人かの女性に、食事の変化と運動は水の重さの損失、圧力の緩和、およびエンドルフィンの生産の増加を通して、いくつかの救護を提供します。 抗うつ剤か抗不安薬が時々処方されます。 深刻なケースでは、早期更年期障害を引き起こすホルモンは、投薬されるかもしれません。

私の問題は、月経が来る前の1~2週間、まさに激しいPMSでした。
年初めから、1週間にたった2度だけの定期的なヨガ練習をしていますが、兆候はすべてなくなり、数ポンド痩せて、私の身体はこれまでになく強さを感じています。
初年度は、時々ヨガのクラスに参加していました。今年はより一貫していて、2/3カ月後には改善に気づきました。 改善: 減量、ほとんどいかなるPMS、ボディの強さ、筋肉の正常な状態の増加。


妊娠中のビクラムヨガ

私は、最初ビクラムヨガクラスに偶然遭遇しました。ワシントンD.C.に住んでいましたが、ビジネスでサンフランシスコに出張中でした。会社のだれかが、ホットヨガについて話しているのを耳にしました。私はいつもフィジカルなチャレンジ(ウェイトトレーニング、ランニング、そしてヨガの他のフォームは私の十八番でした)を楽しんでいて、私の同僚に、サンフランの風変わりなドアを持つ、ホットヨガスタジオのアドレスを教えてもらいました。このスタジオに入ったとき、私はすぐに他とは異なるエネルギーを感じました。 正直少し威圧されました。 スタジオへのロビー/入り口は熱くはありませんでした。 私は何を予想したのか確信していません。 そこで見たものは男女ともども完全に汗で濡れている人や肌が露出されている服装の人々を見ました。

私はスタジオの外に座って、クラスが始まるのを待ちました。そして、私にとって最初のビクラムレッスンのためスタジオへと入っていきました。私はこんなふうに考えていたのを覚えています。「けっこう熱いなぁ。でもこれはヨガだから、瞑想的な練習で、まあそれもOKだろう」。そのクラスは呼吸法から始まり、そしてそれはまだそれほど精力的なものではないと思っていました。それから、第二の天性の残りである、26のポーズが始まりました。正直なところ、私はその後、あまり覚えていません。いっそう困ったことに、外に止めたレンタカーに水を忘れてしまったのです。私は最初のクラスを、水なしで通したのです!
私はクラスの後に、ホテルの部屋に戻ったのを覚えています。中華料理を注文して、ほとんど食べず、1ガロンの水を飲んで、翌朝まで目覚めることなく、午後7時までには眠りに落ちていました。

目覚めたとき、私のエネルギーは充電されて、再びビクラムヨガにトライするのが必要だと感じました。 1カ月後には、私は、ウェブでビクラムヨガを調べて、DCの2つのスタジオを見つけました。 そのうちの1つを選んで行きました。 これは非常に異なった性質の生徒たちでした。 本当の東海岸群衆VS私が以前に経験した西海岸クルーです。 クラスの後に、スタジオ所有者であるジムと話して、彼と共に友情を育みました。 この数カ月にわたって、私はマラソンに備えて訓練して、私のウェイトトレーニングを続けている間、1週間に3~5回クラスに出ました。 私はすぐ、私の走行がヨガによりかなり改善されているのに気付きました。 私は、Marine Corpマラソンを容易に走り終えました。

私の仕事は多くの出張が必要とされたので、私はあらゆる都市でビクラムヨガを練習しました。多くのビクラムスタジオに行き、一貫した身近な26のポーズと対話を聞くことをスタイルに教える、多くのティーチングスタイルを経験するのは喜びでした。

教師の推薦で、私を最も高いギアに蹴りだすためにティーチャートレーニングに出席するという考えをいだきました。 いろいろなことが、それらがどうあるべき方法に解決するかが楽しみで仕方なく、 私の人生におけるすべての出来事と状況は、私がこれに出席するべきであるという明確な理解があったように整理され、私はティーチャーズトレーニングに出席することにしました。

私は、それがこれまでの人生の中で最高の経験であったと言うことができます。 また、驚くべき身体的な経験であっただけでなく、それは精神の浄化であると言えました。 私は、いつまでもこれに関して話し続けることができますが、当分は話さないつもりです。私がその話をするまでに、人に教えたいと思うか否かに関わらず、あなた自身が練習を重ね、経験からこれが可能であると決して考えないレベルにまで自分を上げたいなら、十分にしてください。
トレーニングの後、私の練習は約1年間驚くべきものでした。 私は1週間に最低6日間、クラスに通います。時々ダブルで受講します。そして私の身体が達すると決して思わなかったポーズにおける深さに達することができました。

次の数カ月で私は、心の友であるリチャードに会って、16日間彼を知っただけで結婚して、セントルイス(彼の故郷)に移りました。 ビクラムウェブサイトを見て、スタジオがちょうどそこに開いたところだったのを見たとき、安らぎを得たことを覚えています。

セントルイススタジオに入るとすぐに、私は暖かい歓迎を受けました。エリンとキャロルとの短い会話のあと、教師として自己紹介をして、私はスタジオですごい規律を理解しました。 この規律が十分にどれくらい重要であるか、そして、それがビクラムの教えのまさしくその真にどうあるか、言うまでもありません。私の初めてのクラスは、ティーチャートレーニングのなごりでした。 キャロルとエリンはあなたからベストのみを期待しますが、彼らもいつも、ベストを尽くして返すことを惜しまないのです。

私がこのスタジオについていつも話していたので、私の夫はヨガを試してみると決めました。 彼自身運動選手であり、彼はどれだけそれを楽しみ、チャレンジを感じているかを、喜び驚いていました。 リチャードは、6つのひざの手術の後、いくつかの車の事故、および多くの運動に関連するケガを負っていました。彼の身体が良い状態を感じることはなかったのです。 現在、ヨガは、彼が針療法やマッサージのように見つけた他の治療の習慣に伴う、彼の養生法の一部となっています。

ほんの2カ月セントルイスで練習した後に、私は39歳のときに妊娠しました。 私は、ビクラムヨガの健康的なアプローチによる栄養への恩恵と、ライフスタイルとしての運動によって多くの利益を享受することで、身体がこの妊娠期を容易に過ごせると確信しています。

私は、妊娠中も練習して、1週間あたり6日間ヨガを堅実に行いました。 唯一の日、木曜日に私が練習しなかったのは、エリンとキャロルの唯一の休日だったからです。 私の身体が妊娠で変化していくにつれ、私は気付くとクラスに来て、ホットルームに立つ必要がありました。 これは、私の身体が妊娠直前の身体を感じられる唯一の場所でした。 私の精力はヨガによってあおられました。 この先に何が起きることになっていたか、そして、この精力が、37時間という非常に長い作業であったことを通して、どれほど必要であったかを意識していませんでした。 私の美しい男の子ジョバンニが生まれる2日前まで、私は練習していました。 そして、2週間後、練習に戻りました。

これを通して、私は多くの生徒と話し、このヨガと妊娠に関する質問に答えました。 私はこのヨガの利益に関して担当医師を教育さえしました。 彼女は、今や、このヨガの信仰者であり提案者です。
私は妊娠の間を通して、1つの主要な脚がかりとして、ビクラムヨガを強く推薦できます。 あなたが妊娠中に始めるべきなのは、活発な運動のタイプではありません。 「妊娠する前」にあなたがビクラムヨガを練習していたなら、これはあなたの妊娠中続けていくべき習慣となります。 あなたは妊娠の間、新たな運動を始めるべきではありません。

ビクラムヨガはライフチェンジングの経験なのです。そして私は、あなたが望むのであればあなたが行くことができる決して知らなかった場所にお連れすることを、保証できるのです。

--ヨランダ

世界から届いた実感の声 トップページへ