ホットヨガの元祖 ビクラムヨガ

骨格システムへの効果

世界で数百万人が実践するヨガ『ビクラムヨガ』を受講された皆様のありのままの声をご紹介いたします。
ビクラムヨガがもたらす様々な効果をご覧ください。

こう着脊椎炎

こう着脊椎炎(1)

こう着脊椎炎(Ankylosing Spondylitis)とは何ですか?

脊椎炎の協会による2002年の調査によると、60%以上のこう着脊椎炎(AS)患者は、歩行や車に乗ること、または眠るのに苦労している、と言っています。4人に1人の患者は、このこう着脊椎炎が原因で、仕事や職階を変えなければならなかったとの報告があります。

ASは、しばしば進行性のある、慢性の炎症性疾患です。ASは主として背骨と仙腸関節 (あなたの背骨が骨盤に触れる領域) の痛みと炎症に関連しています。

私は10年間以上、慢性の痛みに苦しんでいるので、痛みと不満を通した感情を、日常で癒してくれる治療法を探し求めていました。私は、こう着脊椎炎 (動きが私の背骨と首に制限された一種の進行性関節炎)と診断されています。

温めることが、痛みを大きく和らげるということが分かり、ここオーストラリアのメルボルン、ヨガツリーで、ビクラムヨガを見つけることができ、私はとても幸せでした。練習部屋の明らかな暖かさと、私の身体の熱は、すぐにこれが正しいことだと分かりました。私の身体を動かすことができることは、私がずっと待ち望んでいた変革でした。現在週に5回はビクラムヨガに通って、自分の身体をあらゆる方向へ動かし続けられるようにしています。ビクラムヨガがもたらしてくれる、柔軟性おける進歩を経験する事を楽しみにしています。

私はまた、クラスを教える素晴らしい女性によって、大いに励まされています。彼らの熱意と、私の弱点への理解がなければ、痛みで続けることが出来ないくらいだめにされて、落胆していたことでしょう。彼らのヘルプについて、心から感謝しています。

- ケイト


こう着脊椎炎(2)

関節炎は、通常は熱と赤みを発生させて、身体のつなぎ目、関節が痛む炎症です。関節炎には多くの種類があります。様々なフォームでは、関節炎はいかなる他の慢性疾患よりも、多くの人々を何もできない状態にします。神経損傷、増減する内分泌腺機能、または年齢による退化で、引き起こされます。まれに、感染 (結核、淋病、ライム病、リウマチ熱) によっても引き起こされることがあります。

リウマチ性関節炎 (未知の原因の自己免疫疾患)は、最も無力にするタイプの関節炎です。男性に比べて、女性ははるかにこれに影響されやすいとされています。リウマチ性関節炎は25~50歳の間に通常表れますが、それはまた、子供にも起こります。骨関節炎 (最も一般的なタイプ)は、通常50歳以上の人々に起こります。それは、関節が肥満、もしくは過度の働きによって激しくなる傾向があります。

3番目に一般的なタイプの関節炎である痛風は、もっぱら男性に影響します。関節炎に関する対症療法は、熱、物理療法、コックス-2つの抑制剤などの非ステロイド性抗炎症薬(セレブレックスとVioxx)、アスピリン、イブプロフェン、およびナプロキセンの使用を含んでいます。時々メトトレキサート、金塩、ペニシラミン、および短期的なコーチゾンで症状が良くなることもありますが、それらには、望ましくない副作用がしばしばあります。 厳しい場合では、人工関節移植を含む整形外科を必要とするかもしれません。

2004年9月にビクラムヨガを始めて以来、9か月が経ちました。最初にヨガツリー (メルボルン、オーストラリア)に来た時、関節炎が原因ほとんど歩くことが出来ず、腕をストレッチすることすら出来ませんでした。膨れた膝によって、しゃがむことができず、レッスンでは床のシリーズが出来ませんでした。いくつかのレッスンのあと、私はほんの少し回復していました。

約3週間後、私はリューマチ専門医に相談して、コーチゾン処理を受け始めました。ヨガを練習して、薬を飲み続けた時、痛みは徐々に減少していきました。私のポーズが以前に比べかなり良い改善をみせたとき、ヨガツリーの講師たちはとても喜んでいました。2004年11月に、別の医師のセカンド・オピニオンを得ることを望んで海外にいたとき、私は別のリューマチ専門医に相談しました。 この医師が誤って私の処方を定め、メルボルンに帰るまで4週間と半月の間それを飲み続けました。第1代のときのリューマチ専門医に相談しましたが、この地元のリューマチ専門医は、この薬は、私の身体の免疫システムを抑圧して、同時に私の肝臓に害を及ぼす可能性を心配していました。彼は、すぐに血液検査を行うようにと言いました。ラッキーなことに、結果レポートには、私の肝臓が健康であることを示されていました。

私はこれがヨガの魔法であるに違いないと確信しています。2005年3月にコーチゾン治療を止めて、そして今、1週間に4回ヨガをやっています。私の痛みは現在、薬物療法がなくても落ち着くようになりました。

ヨガは、私の消化器系、柔軟性を、信じられないほど改善してくれました。そして私は今や、Tai Chiをよく出来るようになっています。

私がヨガツリーに踏みこんだ1回目から、彼らが与えてくれた講師の熱意、サポートとケアは、私が関節炎の痛みと戦っているあいだ、ずっと私を支えてくれるものでした。この機会に、私はヨガツリーの全ての皆さまに熱心な感謝を申し上げます。

ヨランダ、2005年6月


関節炎と腰痛

こう着脊椎炎(Ankylosing Spondylitis)とは何ですか?

激しい臀部の骨関節炎と診断される前に、ビクラムヨガを紹介されました。最初のセッションのうちに、私の関節が、不思議な痛みを抑えているのが分かりました。妊娠期間中をとおして強さと柔軟性を良好に保つため、ビクラムヨガを練習していました。出産したあとも、私のベイビーをかたちづくるのを助けてくれたビクラムヨガのレッスンを継続しています。この時期に、私は臀部の激しい骨関節炎と診断されました。それは、32歳で、両方のヒップを取り替える必要があることを意味していました。

手術の前のヨガ練習は、正気を保つのと同時に痛みのコントロールの意味でも、私を助けてくれました。最初のヒップ手術の2カ月後にビクラムヨガに戻り、すぐに差し迫っている2回目の手術まで、練習をし続けていました。このヨガの手法は、人工ヒップの制限に合っているだけでなく、困難な衝撃運動を実行できない時の強度、柔軟性、および心臓血管のフィットネスを維持するのに完璧なのです。
手術されたヒップは今、私の人生で(幼少期と同等に)これまで以上にフレキシブルであり、ビクラムヨガでの長期の練習が、安全に柔軟性と強度を保ちながら、負傷を予防するのに役立っているのを感じます。私は2回目のヒップ手術のあとでも、このヨガ習慣を続けるのを楽しみにしています。

ヒップの問題以外でも、感情的にはき出している人生のストレスが問題を引き起こしかねなかった時、ビクラムヨガは、私がリラックスして正気を保ち、体重を落とし、より健康的なライフスタイルを取り戻すのにも役立ちました。ビクラムヨガ、ヨガツリー(メルボルン、オーストラリア)の講師たちは、共感性をもち、トレーナー、講師ともに十分適任な人たちばかりであり、ビクラムヨガに関する彼らの愛を生徒に伝える方法を知っています。

- Niqi


背中の痛み

ビクラムヨガを始める1年ほど前、私は自動車事故に遭いました。私の医師は、痛みから解放されることはないので、それとうまくつきあって生活するしかない、と宣告しました。長い間、座らないように、重いものを持ち上げないよう言われました。

メディカルドクターからは、筋肉をリラックスさせる薬と鎮痛剤を毎日取るよう指示されました。(頭痛にアドビルを服用することさえ堪えられないのに!)言うまでもなく、この療法は効果がありませんでした。また、およそ半年のあいだ、1週間に5回、カイロプラクターに通うよう指示されました。結局これは、私の問題を、さらに悪化させたと私は信じています。多少痛みから解放してくれるマッサージセラピーに、週に2~3回程度通ってもいました。活動的だった私は、経験した痛みと医学療法で、そのツールを奪われていきました。

学校のプロジェクトを通して、ヨガを知りました。3回程ヨガのクラスに参加したあと、私のコンディションに改善がみられることが分かりました。どんどん首を動かすことが出来るようになり、ポーズも向上しているのが分かりました。痛みで涙することもなくなり、長時間座ることも出来るようになってきました。

私は、正直に人生の多くが変わったと言う事ができます。背中の痛みから解放されているだけでなく、(摂食障害で長いあいだ苦しんできた私が)自分の身体に関して快適であると感じ、そして最も重要なのが、気づくとストレスの多い環境の中でも、自分自身をリラックスする状態に置けるという事です。私は幸運であり、若い時に出会うことができた一連のポーズを完成させていくうえで、あなたに恩義があると感じています。


背中下部の痛み

8年間のカイロプラクティック、指圧、および他の筋肉治療のあとに、ビクラムヨガを見つけました。私はダラス・カウボーイズの元プロ・フットボールプレイヤーです。

ビクラムヨガは、多くの汗をかくことが私の概念にぴったり合い、それは確実に背中の痛みから大きな解放をもたらしてくれます。ビクラムは素晴らしい状態で効果を発揮しています。明らかに重要だと感じ、毎日ヨガをやっています。

ありがとうございます。


首、肩、背中下部の痛み

Mary Ann - Vancouver, British Columbia, CANADA

2002年5月、私は自動車事故にあいました。
これは、慢性的な背中下部の痛みと同様に、私の首と肩への軟組織負傷をもたらしました。 それは私が月経になる前や、長時間座ったときに、より悪くなりました。 そしてそれは、現在まで続いています。

私は1日の大部分を、コンピュータの正面で働いていて、ゆえに私は、事故の後に不快を感じ、定期的に痛みに苦しんでいます。 私は同じ年に、ビクラムヨガに関して少し学んでいました。

2002年2月に、私の最初のビクラムヨガのクラスがありましたが、柔軟性を維持し、皮膚の毒素を洗い流し、身体によいボディーワークアウトをするために週に1度だけ通っていた私は、ビクラムヨガからの恩恵を感じることはできませんでした。

私は、自動車事故によって多くの病気を経験しました。事故の直前、私は下を見ていたので、頚筋は、おそらく裂け目かなにかの負傷を引き起こしながら、屈曲しました。また、私の自動車が4~7秒のあいだスピンしていたとき、この傾きから私の腎臓に対するシートベルトの困難な圧力がありました。この事故が、どれくらい私の身体にとってひどいものだったのかは分かりませんが、医師は、痛みを最低限に和らげるために出来ることは、物理療法に参加し、熱と寒さを適用し、そして毎日ストレッチをすることです、と言いました。

これはそれほど有望ではなく、この治療プログラムで、長期的な利益は少しも見えていませんでした。「慢性病ケアプログラム」のようにみえたこの治療法ですが、私はそれを受け入れていませんでした。私は、ビクラムヨガについてもう少し、インストラクターとともにヨガがもたらしてくれるいくつかの恩恵について語られている本を読みはじめました。良いカイロプラクターを見つけ、現在は週に1~2回、ルーティンとして私のワークアウトにヨガを組み入れるようになりました。

すぐに効果を得ることができたことから、ビクラムヨガが私のコンディションを改善に導いていることが分かっていました。そして、私は文字通り「分かりました」。 首に与えられていた神経圧迫のために、特に疲れていた時は、視力がはっきりしないことがありました。ヨガクラスのあと、私の視力ははっきりとして、首と背中の痛みはどこかへいってしまっていたのです。

また、しばらくヨガを週3回にペースで行き始めた時、私はPMS兆候がそれほど不安にしないで、背中の痛みが減少しているのに気づきました。私のムードは上昇し、体温もバランスを保っています。私はいつも冷えている状態でしたが、ヨガクラスのあと、2日間暖かい状態を保っています。もっと言えると思いますが、私はいつ止まるか分かりません。

いつか、他の人々にヨガを教えることが出来るようになることを願っています。私は、ヨガに関しては何も興味がないタイプの人間でした。しかし今や、ここでビクラムがどれくらい有益であるかを、友人や家族と話しています。私は10人以上の友人を募集して、そして彼らは今見事にはまっています。現時点での私のプランは、身体、心、精神にどれくらいビクラムヨガが良いかについて広めることです。私は、雑誌の記事を書くことでも、これを追求しています。

- メアリー・アン


隆起した椎間板

「今年('99)の3月に、セントフランシスメモリアル病院のSports Medicine Clinicの医師によって診断されたように、私はLF脊椎骨で膨らんだ椎間板に苦しみました。ヨガ講師は、私が腰筋に炎症を起こしていることに悩んでいるのかもしれない、ということを提案しました。いずれにせよ、3月初めからは、どんな位置にも座ることが出来ません。重いものを何も持ちあげることは出来ませんでしたし、自由に動くことが出来なかったので、食料品の買い物、家庭の雑用などは言うまでもなくできませんでした。夜中に時々、耐えられないほどの痛みの波がありました。鎮痛剤/抗炎症剤には、何も肉体的な痛みを軽減するものはありませんでした。」

「私は、メアリー・ジャービスに電話しました。彼女のフライヤーでビクラムヨガが、メアリーが痛めた椎間板を癒すのに役立った、ということに気付いたからです。 私は、事故の前にビクラムヨガのクラスを10クラス取っていて、それによる身体的な利益、そしてそれが私の霊的な研究の補足となったと感じたように、練習を再開することを切望していました。

メアリーは、私ができるだけ早くクラスに来るよう励ましてくれました。そして数日後、私はそうしたのです。

1カ月の中断のあと初めてのクラスへ戻ったときは、素晴らしい!と感じました。私は、絶対的に痛みを感じることのないスタジオを感じ、軽快さと空気が、背骨を駆け降りる感覚を覚えました。その夜、休みなしで100日間連続でビクラムヨガをやることが最も適当であり、私にあっている、と感じました。

今日、私は25日目を完了しました。そして私の中の進歩は驚くべきものです。

「3日前に、私はローカストアサナにチャレンジすべき時である、と感じました。そして今日、私の身体の動きに驚いていました。私の脚が、空気のそばをさまよった時、私たちの講師は揃って、ロビン、すごいじゃないか!と言いました。」

私が最終的にポーズを試みることが出来たのは素晴らしいことだと分かっていましたが、まだゆっくりと脚を地面に持っていくレベルではなく、脚を地面に近づけるよう保ちますが、高さは分かっても地面がどこにもあるか分かりませんでした! 現在25日目では、ハーフムーンポーズが信じられないほど深くなり、ケガをする以前よりも深くなっています。しかしまだケガから完全に回復していたわけでもありません。 1日目以来、いくつかのポーズを再び出来ることへの喜びはもちろん、むしろ実践する競争の中での達成が基本ではなく、私が癒していた(HEALING)身体的な証拠を提供することが喜びでありました。

「私のケガの原因とけがの場所で深く瞑想するとき、私は痛みと悲しみの人生を解放するために、どう自分自身をこじ開けたかを見つめます。自己啓発への経路における美しいお清めなのです。」

私はクラスの中のある姿勢が、古代の痛みを解放して、身体システムからそれを洗い流すのが分かります。回復する、この機会を下さったDivine Oneに感謝します。」

「私はより身体的なレベルで、私の事故の前にも、ヨガの恩恵を見ることができました。」

「私は、約1年間、背中下部の痛みを経験し続けていたサイクリストです。 長距離のツアーでも私をアシストできるように、適切な強さを確実にするためにトレーナーによるウエートリフティングを練習し続けていました。しかしそれは、ヨガのように強さと安らぎを、何も私に提供しませんでした!」

「ヨガ練習を始めたすぐ後に、友人と私はサンフランシスコの不安定な丘に、サイクリングに行っていました。 そして、私は背中の下側の新しい感覚に驚きました。より着実に強く足をピストンしたとき、私の筋肉回路の強度が、前方で自転車を推進するときに感じるような感覚を、背中下部で感じました。背中後部の筋肉の感覚はまるで・・・脚にかかっているみたいでした!  まるで誰かが、腰の部分で手を持っているようであり、私はその場所から丘に押されていました。私の9年間のサイクリング人生で、そのような身体的な感覚と背中からの強度を感じたことは未だかつてありませんでした。それだけに、このディスク、腰筋、または両方において問題が起こって、試合に出場できなくなった時は、心をかき乱されました。

「それは絶え間なく続くことも出来ましたが、私はハタヨガを人生の大きな部分にしたかったと言うつもりです。私はその機会を得ることができました。次の75日間がもたらす効果を見るのを待つことができません。身体的には、ヨガを取り入れずにやった60日間よりも、ヨガをやった25日間の方が多くの進歩をすることができました。私はまた、スピリチュアルな習慣として、ビクラムヨガのクラスで時間を費やしています。それは、asanasとsavasanaの間で、私を無限への一瞥に導いています。 浄化してください。

私の医師は、様々なパターンの四肢と腹筋運動をすすめました。彼は、気持ちの良い身体的エクササイズであれば、ヨガであれ何であれ奨励しています。 彼はまた、サイクリングの筋肉の記憶を呼び起こすために、15分間のホームバイクトレーニングを1週間に3回行うよう加えました。

私の集中と願望とともに、彼は私がサイクリストの活動に戻ることが出来なかった理由が分かっていませんでしたが、それに戻れるようになるまでにどれくらい時間がかかるのかは分かっていませんでした。手術の2週間後にすでに私がビクラムヨガの練習できていて、すでに練習したいくつかのヨガポーズを彼に伝えて、毎日1.5時間ヨガスタジオへ行き来していると言った時、彼はとても感動していました。

「私にとって最も重要なことは、ビクラムヨガのクラスによって、私の精神的状態がより静かであるということです。私はとても集中しています。ポーズの間でも、めったに気をもむことはありません。ポーズの間で、めったに水を飲みませんし、顔も拭きません。私が得ている恩恵の間に、私の気をそらすものがあって欲しいとは思いません。私の身体の全ての部位に、より深く注意を向けています。私は、ケガを負っていなかった時よりもずっと、よりよい「負傷したヨギー」となっています。それはケガに関するあなたの解釈によりけりと推測します。」


慢性の首と下側の背痛

私は半年以上前にビクラムヨガを始めました。そして今正直に、一度も振り返ることがない、と言う事が出来ます。

私は、ビクラムヨガの経験をする以前にハタヨガをしていましたが、いつも、ヨガは非挑戦的かつ反復性であると感じていました。毎回、ビクラムヨガは同じ26のポーズをとりますが、それは全く反復性であるものではありません。そして毎回、最終的に完全に異なっている、と感じることができ、とてもやりがいのあるものです。
慢性の首と腰の痛みがあったので、ビクラムヨガの練習を始めました。私が6歳の時に、自動車事故に遭いましたが、これがそもそも身体の問題の原因となっており、さらには、グラフィックアーティストであることが、より状況を悪くしていました。

私は定期的に、コンピュータをしています。スクリーン上の詳しい説明に頼りながら、他の仕事と同じくらいの時間をかけています。ビクラムヨガは、私の首の痛みを柔軟にし、腰へ強さをもたらしてくれた以上に、より多くの素晴らしいことをしてくれます。クラスのあいだ、解毒をしているだけでなく、正常にし、ストレッチさせ、そして全身を強化しています。そして私は、心が解毒し、正常化し、ストレッチ、強化していると感じます!「より明瞭な心」と言うのでしょう。私がビクラムヨガを練習し始めた以前に比べて、1日を通して降りかかる様々なストレスは今、自分自身でよりマネージメントできるように思えます。

本当に何かを達成したという気持ちで、クラスを出ていきます。ビクラムヨガは、私が以前にトライしたことのないものでした。私の身体は変化したかって? 身体的、精神的に強くなった気がします。日常的に、より穏やかで、より積極的であると感じています。

バランスを保つのに集中し、柔軟性と真の呼吸をコントロールする意味を超越したところまで動くように、自分自身の身体にチャレンジする - ビクラムのクラスのあいだ、精神をコントロールすることは、何も考えないようにすることを許容します。

心はどれくらい素晴らしいものでしょう。「Shhhhh、90分間の声」。
ビクラムの開かれた目、瞑想的な本質が、私の人生にバランスを持ちこむのを助けてくれています。
私がクラスに先立って抱いていた心配などは、減少し、より良くなり、そして出るときには完全に消えてしまっています。

要するに、このヨガがどのくらい驚くべきものであるか、正確明瞭に把握しているか私もまだ確かではありません。

これまでの驚くべきものと同様、ビクラムジャーニーを続けるのを楽しみにしています。今私は、自分自身を完全に見ることができます。小さな白髪のお婆さんになっても、ビクラムヨガをまだ続けてます。ビクラムヨガをまだ愛していて、そしていまだにそれがどんなに素晴らしいかを、お婆さんの私が仲間に語っているのです!

他のヨガが非挑戦的であることについて話すとき、私は「汗をかかなかったり」、「心臓血管への運動を感じたり」、することはないという事実を示しています。全てのタイプのヨガは素晴らしいものであり、全ての人のための1つがあると思っています。


椎間板ヘルニア - マイ・ストーリー 【ビクラムヨガ:背中のケガへの対処】

ヨガの練習:股関節置換手術後について by Morton D. Hurt

Introduction
Keiko(1)
ヨガを実行するために以下のインストラクションを準備したとき、2000年3月28日に受けた右股関節置換手術のために修正された様々なポーズについて記述をしました。 ほとんどの場合に置いて、それは、私の手術に向けて、修正しなくてはならなかった一部のポーズを記述しているだけというのが分かるでしょう。 どのようなポーズも、私がやり遂げられたことを意味するものではありません。おそらく、私の手術前と同じレベルではありませんが、少なくとも私の意見でノーコメントに値するレベルとなっています。私が特にコメントするところを除いて、私がビクラムのワシントン、シアトルの Bikram's College of Yoga で受けたインストラクションの中でのポーズの詳細においていかなるステップも変更はありません。

共通のテーマ

全ての変更されたポーズをすり抜ける糸があれば、「抵抗」が感じられるまでポーズの中に動きの感覚があります。股関節置換手術から回復した人が感じるポイントで、彼または彼女のリカバリープロセスにおける最大限の利益を得ることが可能となります。これは時間をやり過ごすことを意味しているのでなく、適切な呼吸法を通して、手術前に楽しんでいたポーズと同じレベルに徐々に到達するように、ポーズにおける深い動きが出来ることがポイントなのです。

歴史

以前言いましたように、私は1999年12月12日(私の右ヒップが、軟骨の約75%以上を失ったと確認されたとき)から、2000年3月27日(私の手術の前夜)まで、ヨガを練習しました。私は、手術の成功とけがの回復が早かった理由として、ヨガを継続してやったことが大きな要因となっていると信じています。私は6週間で仕事に戻り、7週目で松葉杖の補助なしで歩くことができました。そして手術後8週間で、ヨガに戻りました。

多くの場合、これらのインストラクションの一部として警告が含まれるいかなるものも試みません。股関節手術をした人は誰でも、身体的な動きを実行できるかできないかを判断して、完全にインストラクションされるべきです。

ヨガの練習に戻るだけの能力は、手術をやる以前に、少なくとも彼らの運動能力と技術レベルという言及されない数多くの要因によって影響されることでしょう。私が手術を受けたとき、54歳でした。とても良い状態だったと言えます。3年半のあいだ練習してきたほとんどのポーズにおいて熟練していました。最終分析で、ヨガ練習に戻ったときのリスクは知っていました。私はまた、誰かが様々なポーズをどんなに修正したかに関わらず、ポーズには利益があると固く信じています。 あなたの身体はメッセンジャーととらえ、いくらかの常識を使用します。 各ポーズに関わる動きを通して考えるなら、特に慎重でなければならないところを決定するのはむしろ簡単です。

最後に最も重要なのは、誰もが、股関節手術のあとに、人生が開けていると言われるべきということです。中国では「1000マイルの旅は、初めの第一歩から始まる」と言います。それはヨガの練習も同じですね。

Pada-HastasanaとArdha-Chandrasana

右へゆっくりと屈折し、左のヒップに抵抗を感じるまで左に動かしましょう。反対側も同様にゆっくりと左に傾け、抵抗を感じるまで右のヒップを右に動かしましょう。 抵抗を感じるまで、ゆっくりと腕と全身を後方に曲げましょう。Pada-Hastasanaでは、股関節からゆっくり抵抗を感じるまで前のめりになってください。 Pada-Hastasanaのポーズにおける私の最初の目的は、単純に私の脚の向こうずねに手を置くことでした。

Utkatasana

1.抵抗を感じるまで、出来る限り遠くへ向かって座り続けます。初めは、45度より遠くには行きませんでした。

2.扱いにくい2つ目の部分は、つま先を出来る限り高く持ち上げるように動こうとすることです。座ろうとはしませんでした。

3.扱いにくい3つ目の部分は、最初部分のポーズを繰り返すことでした。ひざを一緒に合わせるのは、手術後少なくとも最初の12週間は、避けなければなりません。あなたの整形外科医は、何回もこのポイントを指摘するべきでした。

 

Garursana

Eagle Poseでは、ひざを6インチ曲げることはOKです。左足へと体重を移して、ゆっくりと出来るだけ高く、快適な位置にまで右足を持っていきます。左ももの上で可能な限り高く持っていきます。私は 足をロープのように巻きつける wrap the calf を試みません。鏡に映した右の足上部とともに、左足の左側へ、ふくらはぎと足をホールドすることはめったにありません。Sink down は試みないでしょう。

Dandayamana-Janushirasana

私の右ひざのすぐ下で、しっかり両手の指を組み合わせます。
そして抵抗を感じるまで、胸に向かって右のひざを引いていきます。

Dandayamana-Dhanurasa

Standing Bow Pulling Poseで右足の上に立ち、右のヒップで抵抗にあうまで蹴るだけです。生徒達が見つけるすべてのポーズのように、それは、ポーズで到達できる深さが制限された、手術した股関節の筋肉なのです。

Tuladandasana

ポーズの中でも最も挑戦的なものの1つ。 初めに私がすることの全ては、太陽礼拝で修正された右足と前進することです。

Dandayamana-Bibhaktapada-Paschimotthanasana

私は腰部から抵抗を感じるまで、前のめりになるでしょう。まず 初めに、足のすぐ後ろで握ります。
バックストレートと目線を維持するのは、この修正されたポーズにおいて非常に有益です。

Trikanasa

左ひざをロックしておく場合、抵抗を感じるまで右の足とひざを右に曲げるでしょう。そして再び、右ももの抵抗を感じるまで右へ曲げていきます。

右ももが地面に平行になるような動きは試みないでしょう。腕をまっすぐに維持して、おおよそ8~10インチ親指よりも上へ手を持ち上げるポーズよりも先のポーズへは行かずに、胴を右へ直接曲げていきます。

Dandayamana-Bibhaktapada-Janusirasana

私の右ひざを必要なだけ大きく曲げることは、Separate Leg Hand から Knee Poseに進歩するのに不可欠でした。
それはまた、私の両手を、一緒にするというよりはむしろ、合わせて維持するためのバランスを保つのに役立ちました。そして、抵抗を感じるまで前のめりになるのです。

Tadasana

左足の上に立って、ほとんど上がらない右足を左足の上の太股の内側で出来る限り高くあげます。
(右ももを地面に平行にするように持っていくという私の目標とともに)

Padangustana

私の手術の前には、しませんでした。

Pavanamuktasana

抵抗を感じるまで、右ひざを胸に向かって引き下げていきます。 同様に、両脚で Wind Removing のポーズを実行するときも同じ動きをします。

Salabhasana

抵抗を感じるまで、右足を持ち上げるでしょう。 両脚を上げるときも、抵抗を感じるまで同様に行います。

Poorna-SalabhasanaとDhanursana

Full LocustとBow Pulling Posesの両方を実行できます。 抵抗が感じられるまで行ってください。

Supta-Vajrasana

初めに、私は単に小さい木製のベンチの補助を使い、ジャパニーズスタイルで座ります。
  祈りの中で両手をホールドして、そして瞑想する瞬間に使用します。

Ardha-Kurmasana

私は援助としてHalf Tortoise Poseを実行する際に、小さい木製のベンチを使用します。

Ustrasana

初めに、私は、抵抗を感じるまでひざまずいて立ち上がるだけであり、ゆっくり後方へ曲がります。

Sasangasana

再度、Rabbit Pose を実行するのに、援助として小さいベンチを使い、抵抗を感じるまで前方へ曲がります。

PaschimotthanasanaとJanushirasana

私は、つま先を握りしめることが出来るまで伸ばした脚を曲げて、額を持ってきてひざと接触させると、抵抗を感じるまで額とともにゆっくりと押しましょう。

Stretching Poseでは、抵抗を感じるまで、ウエストでゆっくりと前方へ曲げていき、足首を握りしめます。

Ardha-Matsyendrasana

再び、これは手術後の初めの12週間は最低でも避けなければならない、左ひざの上で右足に交差するポーズのひとつです。 このポーズを修正するために、右足を床と平行に維持して右ひざを曲げます。 そして左ひざの(左側というよりむしろ)右側にポジションを置きます。 左腕を右へ持っていき、右ひざの上にいくというよりはむしろ、カーペットの上に手のひらがある状態で、私は左側にそれを保つでしょう。 抵抗を感じるまで、右に身体をねじってツイストします。

VajrasanaのKapalbhati

小さい木製のベンチの補助を使い、容易にFirm PoseのBlowingを実行できます。

FOLLOW-UP

ヨガの練習
人工股関節手術 - 20か月後
by Morton D. Hurt November 16, 2001

The Practice of Yoga Post Operative Total Hip Replacement Surgeryと題された、2000年8月10日の記事を書いて以来、15か月が経ちました。 この9月に、手術後1年を迎えました。 私の整形外科医は、全てが素晴らしく見えると言ってくれました。 ワシントン州シアトルのフリーモントに位置する Bikram's Yoga College of India にて、最低でも週に2回の練習を続けています。 現在では、全てのポーズを、修正なしに実行することができるようになったことを、非常に嬉しく思います。 私はまだ、自分の身体の状態を感じ、抵抗を感じるまでポーズの中に動きを入れていくことを固く守っています。 過去20カ月で強さを得た現在は、各ポーズにおいてより深く動きたいと願っています。 その記事を読んで下さったみなさんのために知ってほしいことは、私は未だに継続して練習していること、そして股関節手術のあとに明らかにすばらしい人生が広がっている、ということです。

FOLLOW-UP: Feb 13, 2002

3月末で、術後2年が経ちます。 まだ1週間に2-3回は練習していて、とても素晴らしい気持ちです。


ヒザ

前十字靭帯の裂傷

私は約12年前に、スキーをしていて前十字靭帯を損傷しました。当時私には保険がなかったので、外科手術はオプションにはありませんでした。首のリハビリを完了しましたが、永久に膨らんだ柔軟性のない堅いひざとその動作の制限を生活の中に課せられていました。数年後、ビクラムヨガについて述べるとき、ヨガがそれらのことを助けることが出来たけれども、修正した堅いポーズがそれでもなお急速に、人生における全ての期待を変えた練習の中心になっていました。

修正した堅いポーズを始めるようになって、そのポーズをするのにひざをほとんど曲げられず、ほんの数インチしか下ろせませんでした。ほんの少しの増加による痛みで時々泣きながらも、毎日少しずつ低くなりましたが、ひざからくる解放感と治癒の高ぶる気持ちの方が圧倒的に強いものがありました。

それはおそらく私が今までしてきた中で最も身体的にハードでした。それは急には起こりませんでしたが、18カ月間コンスタントに努力をしたあと、私はポーズにおいて完全な表現が出来るようになっていました。床に寝そべって、頭の上で組み合わす腕。 本当にダメージを受けているひざであるにも関わらず、健全な状態のひざを持つ多くの人々よりも、さらにフレキシブルに動かすことができるようになりました! 私はその後2、3年間ヨガを続けていました。 それまでには予想をはるかに超えた身体能力とともに完全に新しいボディーを得ることが出来たのです。

45歳のときにアマチュアボクシングを始めて、好ましい進歩をしたので、急速な回転を必要とする危険なスポーツに入ることができたように、ヨガトレーニングで、引き裂かれたACLを補修することができると決めました。

私は手術前に、回復を手助けするためにヨガを毎日、1カ間やりました。脚を補強する金具(三日月盤組織の修復のために必要でした)を取り除くことが許された1週間後、ヨガ練習に戻りました。
しっかりと修復するために始めたところに戻ったわけですが、今回はポーズの完全な表現ができるようになるまで、数カ月を要しました。

多くのプロスポーツ選手のACL外科手術を施した私の医師は、それほどすぐに完全な柔軟性を得た人をこれまでに見たことがないと言いました。もちろん私は、それがヨガであると言いましたが、当然ながら、彼は困った顔をしてうつむき気味にうなずいただけでした。他の人にはそんなふうに聞こえないかもしれませんが、私はリハビリテーションに非常に用心深くなっていました。ACLの修復のあとは、非常にもろく、けがをしてまた手術の必要に迫られる可能性もあったのです。ヨガ以外に、私の出来る、本当に確かなことしかしませんでした。ヨガは、自身の治癒のために身体が今どの状態にあるのかを知る、非常に素晴らしいキャパシティを私に与え、危険な方法でものを推し進めるとは一度も感じさせなかったのです。

クレイジーに聞こえない事を祈りますが、手術後3カ月と2週間で、私は挑戦的な38マイルのインラインスケーティングに出場し、これを完走しました。最近の数年は、完治した良好なひざのおかげで楽しい日々を送っており、運動能力の向上に勤しんでいます。この間ずっと、通常のヨガ練習を維持し続けていて、特にいつも、固定されたポーズを楽しんでいます。

Michael Leventhal


ヒザの手術からの回復

私は2000年6月8日、関節鏡下手術をしました。同年11月まで、脚をまっすぐにすることができず、これがヒップと腰へ多くの問題を引き起こしていました。身体セラピーといくつかの排出を施したあとに、医師は、ビクラムヨガは現在の問題を改善するためにとてもいいものだと言いました。約2カ月のビクラムヨガのあと、ひざがしっかりと締めだしているのに気づきました。完全ではありませんが、快方に向かっています。


ヒザと脚のアラインメント/側弯症

長年のヨギーニとして、50になってから私に起こったケガに、ぞっとしました。 左ひざはひどく吹き消されたようでした。 身体セラピー、鍼治療、そして他の様式は、ダメージを受けている靭帯か腱を治すところまでには至りませんでした。 手術はしたくなかったのです。 また、私が一生付き合っていくひどい側弯症(これはヨガアサナの人生のなかで軽減してきています)のせいで左のつま先は交差する状態で、幼少の時から私に苦痛を与えてきました。 私の身体は壊れていました。 2000年の秋にビクラムヨガを発見してから、これらのやっかいなケガを背負って、回復への冒険が始まったのです。

初めは、強いひざのハイパーエクステンションを用いたアサナ、多くの立位のポーズ、とくにFixed firmポーズなどは全く出来ませんでした。 別のヨギーニである私の友人が、ビクラムは私の抱えているすべての問題を治すと言ってくれたので、私は続けました。 彼女は正しかったのです!
半年のうちに、全ての立位ポーズとともに、私は強く、安定していました。 そしてさらに数カ月で、ゆっくりと試みた後に、私はFixed firmポーズで総合的な成功に到達できたのです。 そして奇跡につぐ奇跡が起こりました。私はセカンドバージョンのTadasanaにおいて、つま先スタンドを始めることができたのです。 私の最新のチャレンジであり、完全なる世界へ向けて全ての時間を費やすことを嬉しく思います。 バランスを作りだす、特に立位のポーズでの時間と努力の結果、私のつま先は交差しなくなりました。 初めの頃は、つま先セパレイターを使用しなくてはなりませんでした。 私が少なくとも立つ事が出来るようにつま先を平たんに保つ装置です。 今は、そのことを助けてくれる装置も使う必要はありません。

すぐに改善が見られ、健康的な感覚が、戻ってきました。 背骨を徐々にまっすぐにし、ひざの強度は日に日増し、6カ月後には、2年間苦しめられた膝まわりの問題が、痛みを感じなくなりました。


脚の痛み

昨年、2カ月ほど、私はビギニングヨガプログラムを実践しています。 ただただ、これが大好きです! 私は、歩くことができなくなるくらいの、両脚後部の下側に激痛をもっていました。 たくさんの医師、専門家に、過去2年以上通いましたが、効果としてはほとんど見られず、ほんの少し、あるいは一時的に楽になっただけでした。 私が見つけたこのヨガプログラムは、このようなコンディションに本当に効果的な唯一の治療法です。 痛みを取り除いてくれる以上に、様々な意味で私の人生を変えています。 私はいつも周囲の環境を意識し、他のことにもより敏感になっています。 このヨガプログラムをスタートする前に2年ほど、徹底的なウェイトトレーニングをしていましたが、ウェイトトレーニングでは、このプログラムで達成できた結果にも近づくことは出来なかったのです。 ヨガを世界に広げて下さって、ありがとうございます!



首の痛み

一連のケガのあと、私には身体的なチャレンジが課せられました。 1978年に、車に撥ねられました。 左の大腿骨を骨折し、3週間もの間昏睡していた状態で、不均衡なパターンを引き立たせました。 80年代、90年代では、4度のむち打ちがあり、パートナーの肩から落下して頭の付け根から仙骨まで筋肉の全てを引き裂くくらいの、ダンスによるケガも経験しました。 また、1999年2月に、左のACLとMCLを破裂させました。 人生においてこの時点で、異種のヨガと医術を実践していましたが、まだコントロールするのが難しいものでした。

最近、私は10日間のカリフォルニア州バークレーでの滞在にて、ビクラムヨガを試してみることにしました。 私の頭の後部先端は、約1カ月間とても痛んでいました。 その痛みは衰弱させましたが、やはりとても辛かったので、私はインストラクターにそれを伝えて、クラス中では「首にケガを負っている人」のためにある頭部位置への代替手段を示してもらうようにしました。 滞在の最終日に、連続したポジションの最後のひとつ(seated twisting position)を行っているときに、何かがそこに滑り込みました。 それはかなりの驚きでした: 音と、首の痛みが遠ざかるのが聞こえました。 現在、1週間以上経ちますが、いまだ不快から解放されています!! なんて素晴らしいことでしょう!! その全てに、あらゆるクラスの後に、信じられないほど活気づけられると感じました!

事故のあと、私が生きられるのか、歩くことができるようになるのか、誰にもわかりませんでした。 あらゆるケガにおいて、素晴らしい医療を受けてきましたが、どんな保証も受け取るというわけではありませんでした。 ギブス、手術、鎮静剤、身体セラピーにけん引された人生だったのです。  Independent of the Western Medical establishmentにおいて、私は多くのマッサージと同時に、多くの針療法、自然療法、カイロプラクティックを受けました。 周りの人達は、左右のバランスが不均衡であることと、脚の長さの差も原因となって、いつも筋肉けいれんや首、頭痛などの症状が引き起こされているのではないかと言います。重要な鍵となることは、適切に、弾性をもって、バランスをとれるように練習することです。 私は、ビクラムヨガがその全てを提供する、ということが分かりました。


関節炎

私には、足、手、ひざ、手首、および肩の広範囲にわたる痛みがありました。 私は階段を降りることができず、椅子に座るか、爪先で立ってバレリーナのようにしか歩けなかったのです。 その痛みは信じられないほど圧倒的なもので、本当に恐ろしかったです!

その痛みに加え、手首と指の上に、大きなこぶが発生しました。 私の右足の3番目から5番目の爪先はエックス線検査で、変形し始めていることが分かりました。同じく手にもその変形は見られました。 ご想像のとおり、これはヨガのクラスで重要なバランスの問題を生じさせました。しかし、 私はこの問題を克服しました。
あなたも、足つきのためにバランスを要求されるポーズで困難が生じることもありますが、あなたが思っている以上に早く、それに適応し、バランスを取ることが出来るようになるでしょう。

私の身体はとてもぼろぼろに崩れていたので、何かをしなければなりませんでした。代替治療の分野での多くの探索をした後に、私は、ビクラムヨガを見つけました。ビクラムを行う以前には、すでにダメージを負っている手首へのインパクトがあるために続けることが出来なかったパワーヨガ、アシュタンガヨガを練習しました。 ビクラムヨガは、そのような危険を私にかけず、しかし私がまさに探していたエアロビクスをもたらしてくれました。

私は毎日、ビクラムヨガルームに踏み込むための勇気と強さを見つけたことを、神に感謝します。私は、 その瞬間から進みゆく人生において、私の健康と積極的な態度が全てより良くなるように献身し、懸命に努力しなければなりませんでした。

私は、あなたが健康雑誌を売っている店で、ヨガジャーナルの2002年2月号を手に入れることをお勧めします。ヨガと関節炎について、素晴らしい記事が掲載されています。あなたのリサーチにおいて、その記事になっている私のストーリーは、きっと役立つことでしょう。

私の個人的な話をヨガジャーナルと共有して以来、私は国中のRA患者から、多くのメールを受け取っています。 それらの患者の多くがまた、ビクラムヨガが彼らを助けている、と確信しています。それらの患者の多くが、代替的治療の探索におけるポジティブなメッセージを多くの人々に送っている私の意志に、謝意と感謝を共有してくれました。 また、それらの患者の大部分は、それを実際にトライしてみようとしていました。

私は、今RAを治療していないとあなたにお伝えしたいと思います。 しかしながら、それは小康状態に入りました。 まだ薬物療法にかかってはいますが、ビクラムヨガ以来、それぞれの投与量は大いに抑えられています。そしていつか、薬から自由になることを望んでいます。 ビクラムヨガは薬剤として機能します。 毎日それを取っているなら、気持ちよいのです。 私がしばらく「ビクラムワゴンから落ちてしまう」なら…もう一度痛みを感じるのです。

私はあなたに、とにかくトライするように奨励します。どんな状況でもそこに強さを見出すために、チャレンジや困難を受け入れなければいけない、と覚えていてほしいのです。 あなたには、何も失うものがありません。そしてクラスの中で、身体ができることのみをするのです。 あなたが90分にわたる全てのクラスを完成するには数カ月かかるかもしれませんが、差し当たり自由にすることができます。 私は、これは誰でも出来るように設計されたヨガクラスであることをお伝えします。

私たちは皆、私たち自身単独であり、身体が3つの耳とともに送っているユニークなメッセージを聞き入れなければならないのです。 クラスのあいだ、いつでも休憩をとることが出来ます。必要であればそれぞれのポーズの1セットをスキップし、初めにかなりの痛みがあるようなら、インストラクターになんらかの特定した変更を求めてみることもできます。

ビクラムヨガクラスの時間は、あなたの友人となるでしょう。
困難な日々があるでしょうが、あなたがただ信念と挑戦を維持されれば、より長く、より健康な人生が先にあると、確信しています。


関節炎

私には、足、手、ひざ、手首、および肩の広範囲にわたる痛みがありました。 私は階段を降りることができず、椅子に座るか、爪先で立ってバレリーナのようにしか歩けなかったのです。 その痛みは信じられないほど圧倒的なもので、本当に恐ろしかったです!

その痛みに加え、手首と指の上に、大きなこぶが発生しました。 私の右足の3番目から5番目の爪先はエックス線検査で、変形し始めていることが分かりました。同じく手にもその変形は見られました。 ご想像のとおり、これはヨガのクラスで重要なバランスの問題を生じさせました。しかし、 私はこの問題を克服しました。
あなたも、足つきのためにバランスを要求されるポーズで困難が生じることもありますが、あなたが思っている以上に早く、それに適応し、バランスを取ることが出来るようになるでしょう。

私の身体はとてもぼろぼろに崩れていたので、何かをしなければなりませんでした。代替治療の分野での多くの探索をした後に、私は、ビクラムヨガを見つけました。ビクラムを行う以前には、すでにダメージを負っている手首へのインパクトがあるために続けることが出来なかったパワーヨガ、アシュタンガヨガを練習しました。 ビクラムヨガは、そのような危険を私にかけず、しかし私がまさに探していたエアロビクスをもたらしてくれました。

私は毎日、ビクラムヨガルームに踏み込むための勇気と強さを見つけたことを、神に感謝します。私は、 その瞬間から進みゆく人生において、私の健康と積極的な態度が全てより良くなるように献身し、懸命に努力しなければなりませんでした。

私は、あなたが健康雑誌を売っている店で、ヨガジャーナルの2002年2月号を手に入れることをお勧めします。ヨガと関節炎について、素晴らしい記事が掲載されています。あなたのリサーチにおいて、その記事になっている私のストーリーは、きっと役立つことでしょう。

私の個人的な話をヨガジャーナルと共有して以来、私は国中のRA患者から、多くのメールを受け取っています。 それらの患者の多くがまた、ビクラムヨガが彼らを助けている、と確信しています。それらの患者の多くが、代替的治療の探索におけるポジティブなメッセージを多くの人々に送っている私の意志に、謝意と感謝を共有してくれました。 また、それらの患者の大部分は、それを実際にトライしてみようとしていました。

私は、今RAを治療していないとあなたにお伝えしたいと思います。 しかしながら、それは小康状態に入りました。 まだ薬物療法にかかってはいますが、ビクラムヨガ以来、それぞれの投与量は大いに抑えられています。そしていつか、薬から自由になることを望んでいます。 ビクラムヨガは薬剤として機能します。 毎日それを取っているなら、気持ちよいのです。 私がしばらく「ビクラムワゴンから落ちてしまう」なら…もう一度痛みを感じるのです。

私はあなたに、とにかくトライするように奨励します。どんな状況でもそこに強さを見出すために、チャレンジや困難を受け入れなければいけない、と覚えていてほしいのです。 あなたには、何も失うものがありません。そしてクラスの中で、身体ができることのみをするのです。 あなたが90分にわたる全てのクラスを完成するには数カ月かかるかもしれませんが、差し当たり自由にすることができます。 私は、これは誰でも出来るように設計されたヨガクラスであることをお伝えします。

私たちは皆、私たち自身単独であり、身体が3つの耳とともに送っているユニークなメッセージを聞き入れなければならないのです。 クラスのあいだ、いつでも休憩をとることが出来ます。必要であればそれぞれのポーズの1セットをスキップし、初めにかなりの痛みがあるようなら、インストラクターになんらかの特定した変更を求めてみることもできます。

ビクラムヨガクラスの時間は、あなたの友人となるでしょう。
困難な日々があるでしょうが、あなたがただ信念と挑戦を維持されれば、より長く、より健康な人生が先にあると、確信しています。


関節炎とヒップ

骨関節炎(OA)はまた、関節症か変形性関節疾患としても知られており、痛みを伴うジョイントの機能が損なわれた病状です。 これは最も一般的な形である関節炎です。 炎症はこの病気の過程で貢献していきますが、主因は滑膜(ジョイントライニング)への「消耗」です。 治療としては、非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)、糖コルチコイドと関節交換手術などがあります。 この骨関節炎には、核となる治療法は知られていません。 

主な症状は、痛みと制限された動きです。 立って歩く時、痛みは、慢性の痛みとは異なった量の不快感を与えます。 痛みは一般的に、関連する筋肉と腱でずきずきする、鋭い、燃えるような感覚がもたらされ、移動性としばしば堅さが損なわれる損失を含みます。 多湿は多くの患者の痛みを増加させます。 患者は腱の筋肉の痙攣と収縮を経験します。 動かされるか、または触診されると、骨関節炎は活気に満ちコツコツ音と呼ばれる雑音を引き起こす場合があります。 時折影響を受けるジョイントは、流体で満ちるかもしれません。影響を受けたとき、いくつかの指のヘバーデンズノードを形成します。

私のコンディションは、右のヒップの骨関節炎でした。 長年にわたりヒップの痛みを経験してきていた間、私は1999年12月12日まで、大規模な軟骨を損失していたことを知りませんでした。そして近いうちに、右のヒップを取り替えるかどうかを決めなければならない、ということでした。 遺伝的な原因で部分的に痛みが引き起こされているあいだ、運動によるケガ、主としてランニングのフォーム、最終的には私が今や経験しているカートリッジの劣化に通じていると信じなければなりません。

ビクラムヨガ効果の時間を取り戻すことはできないので(私は54歳です)、3月28日に受ける予定の人工股関節外科手術のために、身体的、精神的、感情的、霊的に総合的な努力を、この準備のためにかけることにしました。 そこから、手術の前夜まで、私の状態の範囲をヨガ練習し続けるまで、百も承知していました。

12月12日から3月28日のあいだ、もうやめたいと思ったことは数回などのものではありませんでした。 ポーズの多くに関連している痛みは言うまでもなく、自身が柔軟性と強度の損失を感じるのは、とても困難なことでした。

  

しかし今、加減したいくつかのポーズ、時には座ることができるというのが分かってからは、練習してきた3年半以上のビクラムヨガから享受している、全ての確実な利益に焦点を合わせ続けています。私を毎週毎週スタジオに戻らせ続けたのは、妻のサリーのこの上ないサポートのおかげであり、これに全てが結び付けられ集約されています。 3月27日の練習は、この4カ月間経験してきた中で最高でした。 ヨガ習慣をとても楽しんでいる私が、最敬礼したいものでした。

初めは、私の医師の治療計画としては、単に鎮痛剤を摂取することでした。 私は、ヨガ練習を続けるべきかどうかについて、直接彼と話合った事はありませんでした。 手術を受ける、という決定と同様に、その意思はすでに私の中にあったのです。 長期の損失に関して、時は語るでしょう。 ご存じと思いますが、人工股関節手術を行ったほとんどの人々は、股関節を脱臼するリスクとみなされるどんな形式のエクササイズも避けるようにアドバイスされます。 私の意思は、医師とともにヨガ練習をレビューすることで、全くできないであろうポーズと、修正したうえでまだビクラムヨガの恩恵を享受できるポーズを決めて、再検討することでした。

特別な改善:

私の手術は成功でした。 ほんの1時間半しかかかりませんでした。 翌朝起きて、歩いていました。 4月1日土曜までには、家に帰ることが出来たのです。 人々は、私がいかに良い表情で、早いリカバリープロセスであったかについて今も驚いています。 向上し続けたいので、12月28日をKevin Cooke's Yoga College of India studio in Seattle, WAに戻る日として、設定しています。


関節リウマチ

私は脚、手、ひざ、手首、そして肩に、広範な痛みを抱えていました。 階段を下りることもできず、椅子に座るかつま先立ちになってバレリーナのように歩いていました。 この痛みは信じられませんでした! 圧倒的で、非常に恐ろしいのです。

痛みに加えて、手首と手指に、大きなこぶが発生しました。 右足の3番目~5番目のつま先(中指から小指)は、エックス線の中に変形の前兆を示していました。 同様に私の手でも目立ち始めました。 ご想像のとおり、これはヨガクラスにおいて、大きなバランスの問題を生じさせていました。 ただ、これは打ち勝つことのできた問題で、あなたも足取りが原因でバランスポーズに何らかの困難を経験したかもしれませんが、あなたが思うよりずっと早く、バランスの修正をすることは可能です。

私の身体は非常に急速に、ぼろぼろに崩れてきていたので、なんらかの行動を取らなければなりませんでした。 代替治療の分野での多くの探索のあとに、私はビクラムヨガを見つけたのです。 私はビクラムの前に、すでにダメージのあった手首への衝撃のため、続けることの出来なかったパワーヨガ、アシュタンガヨガを練習していました。 ビクラムヨガは、私をその危険にさらすことなく、私が探していたエアロビクスを提供してくれています。

ビクラムヨガの部屋に飛び込む勇気と強さを見つけたことを、神に毎日感謝しています。 その瞬間から、絶対的に状態が良くなるために変化した私の人生、健康、態度が前向きになっています。 しかしながら、私は捧げ、そして仕事をしなければなりませんでした。

近くのヘルスケアショップもしくは健康雑誌のあるお店に行って、2002年2月のヨガジャーナルを購入するようお勧めします。 そこには、ヨガと関節炎に関しての素晴らしい記事が記載されています。 あなたのリサーチにおいて役立つ記事を見つけることができるでしょう。 

ヨガジャーナルと、個人的な話を共有して以来、世界中の国々のRA患者からの多くのメールを受け取っています。 それらの患者の多くが、ビクラムヨガが彼らを助けた、と確信しています。 それらの患者の多くが、代替治療のリサーチにおいて、ポジティブなメッセージを配信する私の意欲に対して、謝意と感謝を共有していました。 ほとんどの患者は、それをやってみるつもりでした。

私が言いたいのは、私のRAはいまだ完治はしていないのです。 しかしながらそれは、小康状態にはいっています。 まだ薬物療法がありますが、ビクラムヨガ以来それぞれの投与量は大いに抑えられています。 いつか薬から解放されることを望んでいます。 ビクラムヨガは薬の錠剤のように作用します。 毎日練習をしているなら、気持ちの良い状態でいられます。 私が「ビクラムワゴンから落ちる」なら・・・私はまたもう一度、痛みを感じるのです。

私は、皆さんにただトライすることを奨励します。 その中に力を見出すようになるために、どんな状況でもチャレンジと困難を受け入れることを覚えていて下さい。 失うものは何もなく、クラスの中ではあなたの出来ることだけをするのです。 全体の90分のクラスを完成させるまで何カ月もかかるかもしれませんが、そのあいだに、少なからず、与えられた時間で完全に自由に行うことができるようになります。 念を押しますが、このヨガクラスは、全ての人のためにデザインされています。 私たちはすべて、自分自身の「個」であり、3つの耳とともに、私たちは自身から発信される唯一のメッセージに耳を傾けなければなりません。 必要であれば、クラスのあいだにはいつでも休憩をとることが出来ますし、いずれのポーズの1セットをスキップすることも出来ます。 始めた頃にあまりに痛みがあるようであれば、修正法をインストラクターに尋ねることもできます。

 

ビクラムヨガクラスでの時間は、あなたの友人になるでしょう。 難しい数日があるでしょうか、もしあなたがただ信念とトライする気持ちがあれば、長く健康的な人生が先に広がっているのだと確信しています。


(成長期に脊柱が後弯して猫背となる疾患) ショイエルマン病

Scheuermannの疾患に関するいくつかの事実:

・思春期に発見された背骨の疾患。

  • 以前、第二の骨壊死として考えられていたが、現在は、終板における先天的な(家族特有の)弱点とされている。
  • 診断において、3つの隣接している椎体に5度以上のくさびで留めにかかわらなければなりません。
  • 臨床所見は変わりやすいが、奮発で悪化させられた苦痛な胸部側弯症に通ずるかもしれません。
  • レントゲンでは、起伏している終板は、放射線透過の軟骨性ノードで中断されます。
  • DDx: 他の病気は、終板(例えば、感染、HPTH、骨粗鬆症、トラウマ、パゼットなど)を柔らかくするのに通じます。

慢性の背痛、腹痛の問題で、医師から医師へ行き来する13年間のあとに、ついに私は、シェイエルマン病(退化的なディスク病)であると診断されました。 それに対処するために必要とした多量の麻酔剤のため、もう働くことすらできないようになるまで、痛みは進化していきました。 年中無休でモルヒネを送り届ける背骨へのモルヒネポンプを、ついに植え付けられたのです。 それは働き続けることを可能にしましたが、痛みはまだありました。 私は、ゆっくりと歩くこと以外に、なにも出来るとは思っていませんでした。

18か月前、ビクラムヨガを始ました。 私の背中が、熱の中でリラックスできることが分かって、喜び驚いていました。 筋肉を強化して伸ばすことを始めるなど、考えてもいませんでした。 痛みを一層悪化させるだろうと思って、私は一度も孫を持ち上げられたことがありません。 しかし今、私は背骨の痛みなしで、短い時間であれば抱きあげられるようになったことを誇りに思います。 孫は35ポンドあります。 より正常に、そして背中はもはや壊れにくくなっています。 友人とともに、いくつかのハイキングを計画してさえいます。 本当に幸せです!

私の背中がより強くなり、容易に負傷しなくなったことから、ポンプを7%まで下げることが出来ました。 これが出来るとは思ってもいませんでした。 いつか、モルヒネポンプを取り外すことができるかもしれません! ビクラムヨガは、私にケガをさせないですることのできるエクササイズです。 ベンドクラスがあったことに深く感謝します。 重ねて、継続するためにしてくれた全てのことに、感謝します!

--Vicki Raines - Bend, Oregon


側弯症

側弯症は、背骨の湾曲を意味する医学用語です。

側弯症は約2%の女性と1/2%未満の男性に起こります。 それは、通常、ローティーンか思春期直前の子供で始まって、急速な成長(思春期)が起こるとき、徐々に進歩をする場合があります。 やがて急速な成長が終わって、厳しいカーブはほとんどいつも進歩をしながら、温和なカーブは頻繁に変化するというわけではありません。

カーブは角度で測られ、成人期に入り30度未満を測定している状態は、それらの60度以上の厳しいカーブを持っている人よりも、温和なカーブを持っていると考えられています。

私は、9歳のときから、著しい側弯症であることを意識していました。 医師は、私はそれに関しては何も出来ることはないと言いました。 また、不揃いな脚の長さが、つらさに輪をかけていると思っていました。 物理療法家、指圧師、および医師は皆、何も私に出来ることはないと言いました。 2000年1月にビクラムヨガを始めました。 そして2000年5月までには、それらがもう少しで姿を消すところでした。 鋭い観察力をもって初めて分かる程度のわずかなねじれがあります。 それ以外では、皆、私に対して美しくまっすぐな背骨があるという印象を持っています。

私は背中が側弯症と関節炎にかかっています。 私は子供のときに、7年間逆支柱を付けていました。 大人になっても、長年下側の背痛、座骨神経痛の問題に苦しみました。
それは時折、痛みがひどくてとても歩くことが出来なかった時に戻されます。 私は約6年前に、ビクラムヨガを始めました。 妊娠中でさえ、ビデオを見て練習をしました。 定期的にビクラムヨガをするようになってからというもの、私がともにしてきた背中の痛みに苦しむことはなくなっていきました。 私はこころから感謝していて、背痛に悩む誰もに、ビクラムヨガを推薦したいです!

脊髄の損傷

一連のケガのあと、私には身体的なチャレンジが課せられました。 1978年に、車に撥ねられました。 左の大腿骨を骨折し、3週間もの間昏睡していた状態で、その時不均衡なパターンを引き立たせました。 80年代、90年代では、4度のむち打ちがあり、パートナーの肩から落下して頭の付け根から仙骨まで筋肉の全て痛め、ダンスによるケガも経験しました。 また、1999年2月に、左のACL(前十字靱帯)とMCL(後十字靱帯)を破裂させました。 この時点で私は、異種のヨガと医術を実践していましたが、まだコントロールするのが難しいものでした。

最近、私は10日間カリフォルニア州バークレーに滞在していた時、ビクラムヨガを試してみることにしました。 私の頭の後部先端は、約1カ月ほど非常に痛んでいました。その痛みは衰弱していきましたが、私はインストラクターにそれを伝えて、クラス中では「首にケガを負っている人」のためにある頭部位置への代替手段を示してくれました。 滞在の最終日に、連続したポジションの最後のひとつ(seated twisting position)をしている時、何かが頭・首・・・に滑り込みました。 それはかなりの驚きでした: 音と、首の痛みが遠ざかるのが聞こえました。 現在、1週間以上経ちますが、いまだ不快から解放されています!! なんて素晴らしいことでしょう!! その全てに、あらゆるクラスの後に、信じられないほど活気づけられると感じました!

事故のあと、私が生きられるのか、歩くことができるようになるのか、誰にもわかりませんでした。 あらゆるケガにおいて、素晴らしい医療を受けてきましたが、どんな保証も受け取るというわけではありませんでした。 ギブス、手術、鎮静剤、身体セラピーにけん引された人生だったのです。  Independent of the Western Medical establishmentにおいて、私は多くのマッサージと同様に、多くの針療法、自然療法、カイロプラクティックを受けました。 皆は、左右のバランスが不均衡であるために、脚の長さも原因となって、いつも筋肉けいれんや首、頭痛の問題が引き起こされているのではと言います。 肝心なキーは、適切に、弾性をもって、バランスに向かって練習することです。 私は、ビクラムヨガがその全てを提供する、ということが分かりました。

あなたが目にするこれらのドラマティックな改善の実証例は、ヨガそのものに加えた原因の結果と考えることが出来ます。 良くなりたいという深い願い、日に日にヨガに通う努力、時には痛みに苦しむ時でさえ、未知への恐怖に打ち勝つ願望、状況で治療を運びこむビクラムヨガの能力を持ったインストラクターの自信。 これらすべては治療プロセスの重要な要素であり、過小評価されるべきではありません。 しかしながら、ヨガそのものがこれらの結果を生み出す助けとなっているものはなんでしょうか。

世界から届いた実感の声 トップページへ